簿記3級 商品売買の記録方法2 「値引返品」

本日も来訪いただきありがとうございます。さるやです。

テーマは前回に引き続き、商品売買であるのですが、今日は少し細かい論点を見ていきます。ただ前回の最後にもコメントを残しておりますが、基本の商品売買の仕訳に付随して出てくる内容ですので、試験問題として登場してくる可能性は大いにあります。問題演習を中心に復讐していき対策をとってください。

【2019年6月検定より「値引き」の論点は試験範囲より削除となりました。ご注意ください】

では、まずは少し軽めな内容です。「商品の値引・返品」の記録方法を見ていきます。商品に何らかの不備(汚れ、傷など)があったとして、ただ実用的には使えるものも存在します。ただ商売としての信用問題、不備がないものと同じ値段で販売してしまうと今後の商売に影響がでる場合もあります。そこで不備について認め、一定の額を値引してあげることがあります。この値引きを、仕入れた商品に対して受けられれば「仕入値引」と呼び、販売した商品に対して値引きをすれば「売上値引」と呼んでいきます。一応簿記の用語でありますが、

「今回の値引きをなんど呼ぶか?」なんて聞く問題は出てきませんので、用語を意識する必要はあまりありません。値引きがあったら何をするかをしっかり押させてください。

そしてもう一つは「返品」です。これは仕入れた商品、販売した商品がその名のとおり「返品」されてしまうことです。これも仕入れた商品は「仕入返品」、販売した商品は「売上返品」と呼んでいますが、言葉は特に意識しなくても大丈夫です。また「仕入戻り」「売上戻り」なんで使われる場合もあります。

ただ「値引き」にしろ「返品」にしろ相手に商品の一部を戻す処理となりますので、記録としては仕入時、販売時の逆仕訳と覚えてください。では範例を見ていきましょう。

範例① 商品を100,000円仕入、代金は掛けとした。

仕訳と勘定は下記のようになります。

上記については特に解説はしません。なんで?と思った方、焦らず前回の内容「商品売買1」に戻り、問題演習で内容をしみ込ませて、今回の内容に入りましょう。

範例②先に仕入れた商品の一部について、10,000円の値引きをうけた。

上記のような仕訳と勘定記入となります。仕訳をみて頂くと仕入れたときの逆の関係で仕訳がされているかと思います。金額は値引額の10,000円とはなりますが、仕入れたときの逆に仕訳を切っているから「逆仕訳」と呼んでいます。返品も同じです。

範例③先に仕入れた商品50,000円を不備のため返品した。

これも仕訳に起こすと、単純に仕入れたときの「逆仕訳」となります。

以上のように仕入返品、仕入値引が記録されて行きます。この処理によって仕入勘定、買掛金勘定がそれぞれ値引額、返品額の記録が入り、現時点の債務(後でお金を払う義務)が残高となっています。(買掛金残高40,000円)。くどいかもしれませんが、念のため売上値引、売上返品も確認しておきます。

範例④ 商品150,000円を売上、代金が掛けとした。

上記も特に解説はしません。次に行きます。

範例⑤ 先に売上げた商品の一部に軽微な不備があり、6,000円値引きした。

上記も特に解説はしません。次に行きます。

範例⑤ 先に売上げた商品の一部に軽微な不備があり、6,000円値引きした。

はい、これも逆仕訳により簡潔です。いかがでしたでしょうか?「仕入値引・返品」「売上値引・返品」という記録については恐れることはありません。そもそもの基本である仕入時点の仕訳、売上時点の仕訳をしっかり頭の中でイメージできれば恐れることなく「逆仕訳」を思い出し、問題が登場してきたら瞬殺してあげてください。

以上で売買取引2の回は終了とさせて頂きます。次回も売買取引です。最後にいつものことですが、簿記の勉強は問題演習が中心です。言い回しに頭が反応できるかが勝負になります。仕訳の右左の理由のイメージは軽く持っていただいて、ぜひアウトプットでしみ込ませてください。ちなみに、簿記3級の試験では本格的な理論問題はまず登場しません。仕訳、勘定の流れを意識して問題を解く!これが合格の近道です!

最後までお読み頂きありがとうございました。次回も宜しくお願い致します。

さるや
  • さるや
  • 鎌倉市在住/簿記の元講師/現在は一般事業会社にて経営企画として経験を積んでいます。/専門は工業簿記・原価計算/社会人講座クラスを3級・2級・1級工業簿記を担当

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です